学びの特色

ビジネス情報分野・会計分野を中心に、実務に対応した知識と技術を学びます。
1年次からの計画的・段階的な学習により、高度な資格取得が可能です。

1年次

入学後すぐにRuby言語やマクロ言語によるプログラミング学習を行います。作品は県内外のコンクールに出品し、評価されます。ペアやグループになって、アイデアや改善点の意見交換をしながら授業を進めていきます。
情報処理検定(ビジネス情報・プログラミング)2級、簿記実務検定3級などの資格取得を目指します。

2年次

プログラミングやビジネス情報分野の科目について、より専門的な知識や技術を習得します。
松江市や出雲市にはIT企業や関連施設が集積しており、直接見学に出かけてIT産業の理解を深めます。経営者や社員の方にインタビューを行い、職業人との交流を行います。
情報処理検定1級、簿記実務検定2級、基本情報技術者(国家試験)などの上級資格取得を目指します。

3年次

電子商取引(インターネット上での商品やサービスの売買)などのビジネス情報分野の科目を学習します。学んだ知識や技術の総まとめとして、総合実践(システム開発)と課題研究を学習します。
ITツールやクラウドサービスを利用し、実際に企業が利用する環境で開発・学習を進めていきます。
Progate…オンラインプログラミング学習(Ruby、HTML&CSS) 、Trello…プロジェクト管理(スケジュール、作業) 、Slack…ビジネスチャット(コミュニケーション)、 GitHub…プログラムの共有 など

卒業後に役立つ高度なIT知識を習得

出雲市内で活躍するIT企業のエンジニアの方々と授業を連携して行い、最新のシステム開発技術を身に付けることができます。この知識は、IT系企業への就職に有利になるほか、一般企業でも問題解決能力を十分に発揮することができます。

カリキュラム

情報処理科 令和4年度入学生

情報処理科 令和3年度入学生

情報処理科 令和2年度入学生